酒蔵めぐり

  1. HOME
  2. 酒蔵めぐり

千葉県産酒蔵元をご紹介

株式会社 飯沼本家(甲子正宗)
和蔵酒造株式会社(聖泉・鹿野山)
東薫酒造株式会社(東薫)
寒菊銘醸 合資会社(寒菊)
岩瀬酒造株式会社(岩の井)
ページの先頭へ戻る

株式会社 飯沼本家(甲子正宗)

住所

〒285-0914 千葉県印旛郡酒々井町馬橋106

TEL

043-496-1111

蔵めぐり〜蔵の歴史〜
創業は江戸期元禄年間で、300年の伝統を誇ります。甲子の酒名は、一番優れた酒であるように、十干十二支の一番最初の甲子「キノエネ」から命名されました。昭和33年全国の酒蔵に先駆けて、コンクリート造りの「本蔵」を建設、さらに平成5年には新たな機械化システムを導入した「北総蔵」を設置しています。飯沼社長曰く、「北総蔵」は、飯沼本家の酒造りの姿勢と考え方をしっかりと包み込んだ蔵。それは300年の伝統を守りつつ、進取の精神で新しいことに挑戦していく攻めの姿勢。この守りと攻めの調和こそ、時代をリードする酒造りに欠かせないバランス。とお話をいただきました。
【蔵全景、正面白い建物が本蔵、左の瓦風屋根が北総蔵】

蔵めぐり〜蔵のこだわり〜
付加価値のある商品を追求しています。最近では、成田、印西、酒々井、本埜、八街の地元産の酒米を使用し、それぞれ地元のブランドとして醸造することが増えています。もちろん蔵全体で使用する酒米も千葉県産の割合が増えています。精米についても自社工場で扁平精米をしてらっしゃいます。通常精米に比べ倍近い時間がかかりますが、3〜5%程精米効果が上がるそうです。また、最近では袋取りの清酒を多く出荷しているとのことです。

「袋取り」とは:圧搾機を使用せず、お酒の白濁した醪(もろみ)を酒袋に入れ、舟のような形をしている大きな木の桶"ふね"に積み重ね、重みで酒が搾り出てくるのを待つ方法です。機械での搾りよりも、柔らかさやきめ細かさがあると言われています。
【精米蔵内部の様子、精米機がずらりと並んでいます】

蔵めぐり〜杜氏について〜
現在は杜氏を置かず、社員一丸となって酒造りをおこなっております。「機械設備の整った蔵元ですが、機械を導入しても最後は人間の目や経験で機械を操作するので、手造りの延長線みたいなものです。」とは、醸造責任者の川口課長の談。「結局、手造りの酒造りが出来ないと機械も扱えないんです。」ともおしゃられました。また酒造りでは、麹造りが重要だと考えており、良い原料と丁寧な麹造りを行なうことを心掛けているとのことでした。
【醸造責任者の川口課長、後方は醪と麹造りの制御盤】

蔵めぐり〜地元料理とおすすめの酒〜
直近では、純米系の酒造りに力を入れているということで、おすすめの一本として「甲子純米酒」をご紹介いただきました。芳醇でコクのある旨口で、米本来の旨味成分を生かしたまろやかな口当たりと旨味のあるしっかりとした味わいの純米酒です。これに合う、おすすめ地元料理は、蔵の周りで取れる里芋とたけのこの煮物が最高に合うそうです。米の旨味が素朴な野菜の味を引き立ててくれます。
【里芋とたけのこの煮物に、甲子純米酒】

蔵めぐり〜イベント情報〜
蔵の入口にある「曲(まがり)家」では清酒甲子正宗の試飲・購入、お酒に関するグッズの購入が出来ます。また、二階のギャラリーでは千葉県在住、千葉県縁の著名作家作品を展示してあります。(月曜休館) その他、酒造り体験学習(有料・自作の清酒付き)や酒々井町有志主催の「酒々井町の新酒祭」等の催し物が開かれております。
詳しくは、飯沼本家ホームページでご確認ください。

「曲がり家」とは:寒さが厳しい地方の伝統的な民家で、母屋(おもや)から土間及び厩(うまや)が鉤(かぎ)の手に曲がっている事から「曲がり屋」と呼ばれています。飯沼本家のまがり屋は、新潟県の「旧清野邸」を移築したものです。
【まがり家外観と、内部の様子】

蔵めぐり
蔵めぐり
蔵めぐり
北総蔵外観
酒母造り
麹室内部
ページの先頭へ戻る

和蔵酒造株式会社(聖泉・鹿野山)

住所

〒299-1621 千葉県富津市竹岡1

TEL

0439-67-0027

蔵めぐり〜蔵の歴史〜
明治7年(1874年)創業、「聖泉(池田酒店)」という酒名は、上総掘りの深井戸から泉のごとく湧き出した清水で仕込まれたことから、その名がつけられました。蔵元は、東京湾の直ぐ目の前にあり、内房の海の幸を肴に清酒聖泉は育てられてきました。その味わいは、淡麗ななかにも旨味があり料理の味を引き立てております。近年、「鹿野山」醸造元である原本家と統合し「和蔵酒造」となり、焼酎造りにも力を入れ始めております。おすすめは、千葉県内で収穫された紅あずまで醸した芋焼酎で、「あずま小町」「善次郎」などが人気商品です。
【和蔵酒造竹岡蔵入口】

蔵めぐり〜蔵のこだわり〜
和蔵酒造の酒造りの姿勢は「手間を惜しまない、基本に忠実、手造りであること」。目指すところは「文化としての酒」であることだそうです。和蔵酒造の酒は、食中酒として「料理の邪魔をせず一歩引いて料理の味を引き出す」を念頭に造られております。原料にもこだわりがあり、大吟醸を除いたほぼ全ての清酒を千葉県産の酒米で造っており、地産農産品の有効活用にもつなげています。こだわりとは別に、微生物の力を最大限に引き出し品質が一定した酒を作る為、蔵内の清潔と整理整頓を心掛けております。
【仕込みタンクが並んだ蔵内の様子】

蔵めぐり〜杜氏について〜
杜氏は内山 栄一(越後)杜氏、淡麗ななかにも旨味のある酒を醸してきました。将来を見据え、近年では若手の育成にも力を入れ、杜氏から社員へ技術伝承し、ようやく味を変えずに酒を造れるところまで来ました。現在では、大吟醸を除く和蔵酒造の清酒は社員の石井さんが造りを見ております。
【杜氏に代わり醸造全般を取り仕切る石井さん】

蔵めぐり〜地元料理とおすすめの酒〜
「聖泉純米」の人肌〜ぬる燗が一押しで、富津名物「黄金アジのたたき」との相性は抜群!です。富津の名物料理でもう一つ忘れてはならないのが「なめさんが」。なめさんがとは、バカ貝(青柳ともいう)を味噌・ネギ・大葉などで叩いた貝料理ですが、これに「聖泉吟醸」を合わせてください。一度食べると病みつきになります。他にも多数美味しい海の幸とお酒の組み合わせがあるのですが、載せきれないので2品だけの紹介にさせて頂きます。

「黄金アジ」とは:背側が金色に光っている為、金アジとも呼ばれ、回遊型の真アジに比べて、定着型の金アジは、脂がのり、味・香りが良い。富津市金谷の黄金アジはTVのグルメ番組でも紹介された名産物です。
【黄金あじのたたきに聖泉純米、バカ貝のなめさんがに聖泉吟醸】

蔵めぐり〜イベント情報〜
蔵としてのイベントは行なっておりませんが、日本酒を詳しく知りたい、勉強したいという方には蔵体験というかたちで、和蔵酒造の酒造りを徹底的に見てもらっています。また、貞元蔵では、焼酎造りも体験することが出来ます。蔵の見学については事前に蔵までお申込みください。 <和蔵酒造 0439-67-0027>
【海岸からわずか150mの所にある井戸からくみ上げられた仕込み水】

蔵めぐり
蔵めぐり
蔵めぐり
自家精米をしています
麹室内部
吟醸酒仕込み部屋
ページの先頭へ戻る

東薫酒造株式会社(東薫)

住所

〒287-0003 千葉県香取市佐原イ627

TEL

0478-55-1122

蔵めぐり〜蔵の歴史〜
江戸文化の華やいだ文政8年(1825年)下総佐原に創業した東薫酒造は、舟便と水郷地帯の良質の早場米という酒造りに好適な条件のもとで180年の歴史と伝統を誇りに酒造り一筋に歩んできました。古くから「お江戸見たけりゃ佐原へござれ、佐原本町江戸まさり」とも唄われ、北総の小江戸などと呼ばれています。酒を知り、酒を愛する人々に飲み継がれ、地元の方々はもちろん、全国に東薫を名指ししていただく愛飲家の方々がいらっしゃいます。ちなみに、主要銘柄の一つ「二人静」は先代社長の母「静子」と奥様「静子」の名がたまたま一緒であった事から命名されました。
【東薫酒造外観】

蔵めぐり〜蔵のこだわり〜
酒造りで一番こだわっている点は?との問いに、開口一番「原料にこだわっています。」との答えが返ってきました。東薫では、厳選した酒造好適米を蔵内井戸から汲み上げた、北総台地の軟水で仕込んでいます。それからもう一つ「酒造りで最も重要なのは麹造りで酒の味を左右するので、細心の注意を払いつつ丁寧に造ります。」
【吟醸酒タンクを冷蔵庫内に設置、大吟醸は斗瓶囲いで冷蔵貯蔵】

蔵めぐり〜杜氏について〜
杜氏は南部杜氏400人を代表する酒造りの名人で、現代の名工にも選出された「及川恒男」杜氏です。南部杜氏協会会長や全国酒造杜氏連合会会長なども勤める、杜氏会の重鎮です。吟醸造りの名人と呼ばれ、代表作「叶」はこれまで数々の栄誉を受賞しております。「酒造りは体力はむろん、感性が必要。自分が感動できなくなったら人を感動させる酒は造れません。」と及川杜氏は語ります。これから挑戦したいこと(酒造り)は?の問に「やりたいことはまだまだいっぱいある、人生一生勉強」と体力気力共にまだまだ充実されているご様子でした。
【数々の表彰状と及川恒男杜氏】

蔵めぐり〜地元料理とおすすめの酒〜
元来、地元の料理に育てられてきたのが地酒。水郷佐原には川魚、老舗の手打ち蕎麦など美味しい名物料理が数々あれど、やはり一番人気なのが、鰻です。そして鰻には本醸造辛口。ほのかに残る酒の甘味とタレの甘味、鰻のこってり感と酒のスッキリ感が良い相乗効果を生みだします。でも、もっととっておきのおすすめが、鰻の「白焼き」と大吟醸「叶」です。タレに邪魔されない鰻本来の旨さとあっさり感、叶の豊かな香りとまろやかだが幅のある味わいは「通」の組合わせ。「白焼き」&「叶」のハーモニーは是非ご自分の舌でご体感ください。
【東薫おすすめの組合わせ⇒鰻の白焼きに大吟醸叶】

蔵めぐり〜イベント情報〜
酒造りの工程を無料で見学でき、見学後無料できき酒ができます。大吟醸「叶」はグラス1杯300円できき酒できますので、是非お試し下さい。売店では、大好評オリジナル酒まんじゅう、酒アイス、酒ゼリー、酒化粧水他、地元の名産品もそろえております(年中無休)。その他、酒造り体験や元旦から行なっている鏡開き等、人気のイベントもあります。佐原は一年中と言ってよいほど祭やイベントも模様される町で、蔵独自以外にも町を挙げて盛り上がっております。
【町ぐるみ博物館企画  〜雛めぐり・東薫の展示スペースにて〜】

蔵めぐり
蔵めぐり
蔵めぐり
仕込みタンクの上部の様子
もろみの様子
貯蔵タンクとタンクの資料
ページの先頭へ戻る

寒菊銘醸 合資会社(寒菊)

住所

〒289-1532 千葉県山武市松尾町武野里11

TEL

0479-86-3050

蔵めぐり〜蔵の歴史〜
九十九里浜に向かって広がる穀倉地帯の中心地、古杉と椎の木に囲まれた緑豊かな土地に、明治16年(1883年)佐瀬源作が創業開始しました。冬菊になぞらえ「小粒ながらに一徹さを持ち、末永く良い酒を造る」という想いから「寒菊」と命名されます。以来130年余り山武のこの土地で、深いコクと栗香のおりなすこのお酒を造っております。近年では平成9年(1997年)に地ビールの製造・販売も開始、さらに平成17年(2005年)に本格焼酎の製造・販売も開始いたしております。
【寒菊清酒蔵入口】

蔵めぐり〜蔵のこだわり〜
地元契約栽培農家で栽培された米を使い、可能な限り手造りで酒を造っています。酒造りの蔵も創業当時のまま使われていました。「蔵本体も蔵を囲む生垣も昔のままの状態を保持しています。こうする事で、冷房を使うことなく冷たい風を取り入れることが出来るんです。出来る限り昔のものを大切にします。」「庭には樹齢200年を超える柿の木があります。この柿の木の根元より湧き出す清水と、地元で栽培された米で清酒寒菊は仕込まれいます。」と佐瀬専務。変わらない寒菊スタイルの一端を垣間見ることが出来ました。
【寒菊の象徴である樹齢200年の柿の木と井戸】

蔵めぐり〜杜氏について〜
杜氏は南部杜氏の高橋正芳氏、酒造歴は40年。酒造りに適した気温になる11月の中旬に、岩手県の花巻市の雪深い山岳地より千葉県へ、半年間という長い期間入蔵します。平成7年11月より寒菊にて杜氏として12年間、会社名の由来にでもある『小粒ながらに一徹さを持ち、末永く良い酒を造る』といった、高い夢を持ち続け「寒菊」を醸してきました。大吟醸の仕込が始まると、夜寝る時間をも削り麹室へ。日本の伝統でもある地酒造りの手造りの心を忘れずに、タンク一本(一仕込み)づつ精神誠意仕込んでおります。
【蒸米を手でほぐしながら放冷している様子】

蔵めぐり〜地元料理とおすすめの酒〜
九十九里といえば海の幸。なかでも生姜醤油で食べるアジの刺身を肴に飲むいっぱいは、たまりません。地酒と地元で獲れたばかりの魚は、絶妙な組み合わせです。なかでもおすすめは「大吟醸夢の又夢」です。40%まで磨き上げられた高精白米で時間をかけて熟成させたお酒は、フレッシュさとフルーティーさで気品に満ち溢れた味と香りが特徴です。
【生姜醤油でいただくアジの刺身と寒菊夢の又夢】

蔵めぐり〜イベント情報〜
蔵の敷地内に醸造所の見えるビアレストランが併設されています。平日は地域の住民のコミュニティースペースとして、休日は生ライブが楽しめるレストランとして利用されています。レストランで頂くご飯は、地元の米を清酒の仕込み水で炊いており、大変美味しいと評判です。コーヒーももちろん仕込み水を使用。男性の方には、地元特産品を生かした豊富なメニューと、自慢のお酒・ビールをご一緒にどうぞ、女性の方はケーキバイキングがおすすめです。生ライブやケーキバイキングの開催日は寒菊銘醸 0479-86-3050までお問合せください。
【きっずスペースも完備しているカントリービアハウス】

蔵めぐり
蔵めぐり
蔵めぐり
蒸米風景
蔵内部の様子
藪田式での搾り風景
ページの先頭へ戻る

岩瀬酒造株式会社(岩の井)

住所

〒299-5102 千葉県夷隅郡御宿町久保1916

TEL

0470-68-2034

蔵めぐり〜蔵の歴史〜
創業は、享保8年(1723年)と伝えられ、代々当主の副業的に受け継がれて来ましたが、大正時代より本格的に酒造りに力を入れ、現在の岩瀬能和社長で11代目を数えます。昭和22年全国清酒鑑評会で首席の受賞歴もあり、吟醸酒蔵として名声を馳せた蔵元です。酒好きであった池田元首相の名指しの一品でもありました。近年では古酒にも力を入れており、売れ行きも良いそうです。「純米古酒25年」が価格的にも手頃でおすすめの1本とのこと。
【岩瀬酒造入口】

蔵めぐり〜蔵のこだわり〜
岩瀬社長に酒造りについてたずねると「味の豊かな酒を造るため、山廃仕込に力を入れてやっています。今では仕込みの半分以上を山廃で仕込んでいます。」とのこと。そのために蔵の中の温度管理と清掃、山廃の乳酸力を引き出す環境を保つことが大事だとおっしゃられておりました。酒米に関しても「大吟醸を除けば、千葉県産米を使用しています。地元の有機・低農薬米も使っています」とのこと。
【仕込みンク】

蔵めぐり〜杜氏について〜
酒造りは、南部杜氏の谷藤氏が3年前から担っています。それまでは50年という長い間、菊池杜氏(南部)が酒造りをしておりました。菊池杜氏の引退後、山廃の出来る南部杜氏をということで谷藤氏にお願いをしたとのこと。岩瀬社長に2人の杜氏の造る酒に違いがあるのかを聞くと、やはり味わいは異なるそうです。菊池杜氏は旨味が多く後口の重いタイプの酒、谷藤杜氏は比較的スッキリとしたタイプの酒とおっしゃられておりました。
【岩の井仕込み蔵外観】

蔵めぐり〜地元料理とおすすめの酒〜
郷土料理といっても、御宿は漁師町ということで、アジ、サンマ、イワシのなめろう、卯の花漬け、さばの刺身など美味しいものは色々ありますが、一番は「いわしのゴマ漬け」でしょうか。これに合わせるお酒は「岩の井純米原酒」。さっぱりとしたゴマ漬けは、どのお酒とも合いますが、味わい豊かでふくらみがあり、後味に余韻を残す純米原酒でどうぞ。山田錦の旨味が凝縮されて生?愛好家に好評を得ています。平成17年の南極調査隊がこの山廃純米原酒を南極へ持って行き、美味しい酒だということで大変喜ばれたという一本でもございます。
【イワシのゴマ漬けに岩の井純米原酒】

蔵めぐり〜イベント情報〜
蔵自体でのイベントはございませんが、事前連絡を入れれば蔵見学は可能です。その他には、母屋の裏に洋館と呼ばれるギャラリーがあり、地元画家の作品や写真を展示・販売しております。古い病院を改築してあるので、手術室の無影灯がそのまま付いていたりもします。先代の岩瀬社長の作品も展示してありました。先代社長は戦前から海女を撮り続けた有名な写真家でもあり、毎日新聞社主催の展覧会で「総理大臣賞」を受賞するなどの数々の受賞歴を誇ります。代表作:写真集「海女の群像」
【ギャラリー外観と内部の様子】

蔵めぐり
蔵めぐり
蔵めぐり
蒸釜
搾り機
貯蔵タンク