アヴェ・マリア

アヴェ・マリア【チリ】

チリで《最も多くのメダルを獲得したワイナリー》が造ったワイン
家族経営のデ・アギーレ社は、60年以上ワイン造りを続けている醸造家です。造り出すワインの質の高さから世界各国の品評会でメダルを受賞し、2011年にはチリで最も多くのメダル75個を獲得したワイナリーとなりました。デ・アギーレ社の造る「アヴェ・マリア」は、原料のブドウを全て4月の中旬に手摘みで収獲しています。そして厳選された酵母を使用し、ステンレスタンクにて7日間、温度を26-28℃に管理しつつ発酵させます。出来上がったワインは味を安定させるために落ち着かせ、フィルタリングをしてからボトル詰めされます。

チリ産輸入ワイン「アヴェ・マリア」のご案内

チリの首都、サンチアゴから南に約250kmに位置するチリ最大のワイン産地、マウレ・バレー。その中心に位置するヴィラ・アレグレから採れたブドウで造られています。火山灰と砂質からなる土壌となっており水はけがよく、広大で平坦なワイン畑はたっぷりと日光を浴びる条件となっております。燦々と降り注ぐ太陽と、アンデスの雪解け水に、肥沃な土地。チリの大地の結晶である「アヴェ・マリア」は、郷土を愛するデ・アギーレの家族たちの手によって、丹精を込めて作られています。

AVE MARIA RED アヴェ・マリア 赤
ブドウ品種:カベルネソーヴィニョン
アペラシオン:D.O. セントラルヴァレー
アルコール度数:13%
ケース入数:12本
容 量:750ml
深い赤紫色。イチジクやチェリーとほのかにジャムや
胡椒の香りに、熟成した柔らかいタンニンの素晴らしい
バランス。
肉料理や熟成したチーズなどと良く合います。
推奨温度:16~18℃
AVE MARIA RED アヴェ・マリア 白
ブドウ品種:ソーヴィニョンブラン
アペラシオン:D.O. セントラルヴァレー
アルコール度数:12.5%
ケース入数:12本
容 量:750ml
明るく透明感のある黄色。グーズベリーの香りの中に
ピーチやレモンの香り。余韻はやさしくフレッシュで、
前菜やグリーンサラダ、チーズなどと良く合います。
推奨温度:12~13℃

Follow me!